2017年11月15日 (水)

ブログお引越し

ボタニック・ラバーズ2が容量いっぱいになったので、はてなブログにお引越ししました。

今度はフリーブログではないので、容量いっぱいになることはないです。

どんな感じかな・・・

ひとまず始めます。

↓こちらをクリックして飛んでください。

Botanic Lovers

 

http://botaniclovers.hatenablog.com/

そのうちボタニック・ラバーズのホームページを作って、その一部分にします。

どうぞ宜しくお願い致します。

慣れないブログに引っ越したので、疲れた~~sweat01

では

*****

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

白谷雲水峡@屋久島

11月7日白谷雲水峡へ 

Img_0509

縄文杉への歩きを控えているから、なるべく歩きたくない。大人しくしていたい。そう思っていたのに・・・結局は結構な歩きになりました。ガイドの花嶋氏に言わせると積極的な休養だそうですcoldsweats01

Img_0511001

8時半歩き始め、入口に14時に戻ってきました。

Img_9657

よく耳にする白谷雲水峡、楽な観光客向けのハイキングコースかと思っていたら、全然違ってかなりの山歩きでした。帰路に遠回りの奉行杉コースを歩いて所要時間5時間半でした。

でも途中、元気な2人とは別れて、目的地まで歩かず、一人で苔むす森辺りで写真撮影を楽しめて、はっぴぃ♪

Img_9654

入口近くの渓谷美

Img_9655

さつき橋を渡り進むと、すぐに急な登りになって、ふーーsweat01

Img_0515

登り切ってしまうと楽になりました。 ほっgood

だんだんと大きな杉が目についてきます。 ほー 見事じゃわい!

でも、この暗さじゃ、写真はきっとボケボケだよ! 写真は苦労しました。 カメラの小さなモニターではちゃんと写ってそうに見えますが、案の定パソコンで見てみるとボケてるのが多い!!!sweat02 仕方ないですね。 暗いもの。

Img_0525

とにかく、杉の老木が倒れて土にかえり、新しい芽吹きから次の世代が育っていく。そんな自然の姿が強く実感できる場所でした。倒木更新や切り株更新。その様子をいたるところで見ることが出来ました。

屋久島では、標高500mを超える山地に自生しているスギを屋久杉と呼んでいますが、中でも、およそ1000年を超える杉をとくに「屋久杉」、若い屋久杉を「小杉」と 呼んでいます。

なぜ屋久杉は太いものが多いかというと、新鮮な水に恵まれながら、栄養が乏しい花崗岩の山地に育つので成長するのに時間がかかるのです。

普通、杉は大体500年もすると寿命といわれていますが、屋久杉では2千年を超える巨木が見られます。それは大変成長が遅いから。

成長が遅い分、材質が緻密で樹脂分が多く、腐りにくい結果となり、長生きすると考えられています。だから巨木になるんですね。

がってんして貰えましたか?

Img_0526

お天気は曇りcloud 抜群にいい日ですぞ♪ ここには晴れてる日に来ては駄目、なんせ苔の世界ですから。

本当に、苔とスギの世界です。

Img_9571
まだまだ、元気元気!笑

苔の森までGO!!!

雨で視界が悪くなってきたので、太鼓岩まで行くのは取りやめに。もののけ姫で太鼓岩が出てきたのはこんなシーンですね。 次回にお預け♪

屋久島白谷雲水峡ツアーの太鼓岩

                  ↓こけの森もジブリ映画のモデルになった場所。

Img_0564

Img_0579


元気な2人とガイド2人は峠まで行ったので、私はこの辺で待ってました。残り2名は早々と退散しちゃいました。

待っている間にガイド付きのグループがどんどんやってくるのを見学するのも面白かった。

ガイドによって、話が違うんだわ~~ でもすることは同じ。 皆さん、サービスよくお客さんの写真を撮ってあげてます。はい、ここに立って! はい後ろ向いてあっちを眺めて!はい、オッケーです♪という具合。

きっとほとんどの人が宿でオプショナルツアーを頼んでここに来ているんですね。

Img_0559

この杉はナウシカのオームのモデルとなったと言っていたガイドさんがいました。そういえばそうかな・・・

Img_0598001


Img_0648001


Img_0658001
苔がふわふわ
Img_0665
まさに倒木更新 芽吹きが可愛い

Img_0700001

Img_0673001

少し降りていくと、七本杉がありました。

Img_9608

今では5本らしいですが・・・

Img_9612

Img_9616
Img_0771

Img_0754001

なかなか素敵な杉でした。
戻ってきた仲間と合流して、白谷小屋迄戻って、ランチとなりました。

Img_0784001

Img_0789
コーヒーご馳走様でした♪

帰りは、奉行杉コース。

Img_9644

三本足杉

浅井さん、股の中、覗きすぎ~~笑 

見ごたえのある杉を沢山楽しんで無事戻りました。 ヒメシャラの気も見事だった。

もっと写真を載せたいのですが、たった今気づいたのです。

もうこのフリーブログが容量いっぱいみたい。

きゃー  屋久島の途中でちょん切れちゃう・・・coldsweats02

どーーーしよう!!!!!

どうするべ?!?!

新しくボタニック・ラバーズのホームページを作る予定ではあるのですが、そう簡単にはできないよーーー。

暫くお待ち頂く事になるかも・・・

気を長くしてお待ち下さいね。

縄文杉までは書きたいな。前の記事をどれか削除するかな・・・

では

*****

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

草深の森@印西市

初めての北総線で千葉ニュータウン中央駅へ

ハルさんが地元を案内してくれました。

草深の森や周辺の里山、谷戸、結縁寺周辺のフットパス。 気持ち良く歩いてきましたfoot

今日は沢山の実を見ましたよ。

Img_9672004            ツルウメモドキ

Img_9590001            ヒヨドリジョウゴ

Img_9598            ヘクソカズラ

Img_9787            サンショウ

早々と紅葉してるカエデも。

Img_9701001

淡い色合いが素敵です。

Img_9694

Img_9702003

結縁寺のカエデはかなり色濃くなってました。
Img_9869001
早く屋久島を書いてしまってから、また詳しく!

では

*****

| | コメント (2)

2017年11月12日 (日)

宮之浦岳登頂

朝3時45分起床。4時半に宿の用意してくれたお弁当を食べ、5時出発rvcar

約1時間で淀川登山口到着 6:10

トイレと準備体操を済ませ、ヘッドランプを付けて6時25分登り始め。ヘッドランプを付けて歩くのは初めて!

予定では、行き5時間、帰り4時間でしたが、結果は行き6時間、帰り5時間、計11時間の歩きでした。

+++++

まずは、次にトイレのある淀川小屋迄目指しましょう。そこまではたいしたことは無いですから~~約45分です。 はーい!(返事だけはいいhappy01

そうそう、屋久島では自然を守る為、気楽にお花摘みは出来ません。トイレブース用にこんなキットを買って持って歩きました。

屋久島は、花崗岩が隆起した島であまり栄養を溜め込むことができません。だから山岳島である環境で独自に進化した動植物が固有種として存在しています(小さいものが多い)。

衛生面はもちろん、その生態を壊してしまうので栄養分の多い排泄物は山に残さないようにする為に必要なものなのです。

Securedownload11

歩き始めて思ったこと。

石が多い、根っこが多いこのことは縄文杉に行く日まで毎日毎日思ったこと。屋久島歩きはとにかく石と岩。そして大木の根っこ。この2個と格闘ですね。花崗岩なので、滑らないのが救いです。

Img_9487

淀川小屋を過ぎてすぐの橋から。水がホントに綺麗!!!

あれが、豆腐岩ですと教えて貰い、ほー 確かに!

Img_9492001

豆腐が上手に切れてます♪ この時はまだこんな岩が珍しかったけれど、歩くにつれて面白い大きな岩がゴロゴロで、もう岩はあって当たり前。岩の形を結構楽しめました。

Img_9494

途中の展望台からの風景。

これは何だろう? 

Img_9496

足元に繁る木の葉柄が赤くて綺麗だった。ユズリハ?

次は、高層湿原である花乃江河迄目指しましょう。

へー、ここにも高層湿原があるんだ!

Img_9498

着きました、花之江河。

Img_9500

お天気はこの時は曇り。

Img_9501_2
Img_9506

この辺から気になってきたシャクナゲ。 屋久島シャクナゲです。

ここから1時間くらい歩くと投石平(ナゲイシダイラ)。

そこはもう一面がヤクシマシャクナゲでした。5月20日くらいには紅白のシャクナゲの海のようだそうで・・・今度は頂上はもういいから、石楠花の海を見てみたい!!!往復8時間くらいで行けそうです。

Img_9509

Img_9511
けっこうたくさんの花芽がついてました。

行きたいな~~!!! 見たいな~~!!! 凄いだろうな~~!!!

Img_9515

ほー、いい景色♪ 

ひたすら登って、登って、栗尾岳到着しました。 写真は写す余裕なしthink とにかくピークに立つのだぞ!!! 嬉しいことに、今のところ、脚に異常なし。

やっと栗尾岳だ! 

Img_e9527           やったー 登頂NO154 栗尾岳 1867m 

大きな岩が3個並んでました。 お握りみたいな岩ばっかりで面白い。島全体が岩なんじゃなかろうかな???

ピークのちょっと前はやはり一番苦しいものですね。あれがピーク?と聞けども聞けども、まだまだーの返事が返ってくるばかり。。。でもそれほどの究極のしんどさもなく、やったー!!!頂上に着きました。

Img_9568         やったー 登頂NO155 宮之浦岳1936m

あれま、また「くの字ポーズ」になってる・・・いつも言われるのだ♪ 私以外のお姉さま方は筋金入りのかつての山ガールです。一緒に歩かせて頂いて光栄です。

一人は途中で待っていることに。 もう一人は遅れながら、それでも頑張って登ってきました、良かった!!!

Img_9536001

山頂で美味しい大福もちをご馳走になり、美味しかった!!! 低血糖にならない様にね。ナースのねもばあばさんは頼りになります。有り難かったーーー

ねもばあばさんのブログをリンクしました。見てみて下さい。さっそく屋久島の記事がアップされてます。

Img_9535

山頂の立て札。 登り口まで約8km。 晴れてれば、360度の見晴らしなんですって。海も見えるのに・・・等と、そんな贅沢は思いもせず、ここに立てただけで、もうほっとして自分を褒めてやりました♪ それより、帰りましょーー♪ 暗くならないうちに帰らなきゃ。

それが、少し歩いているとだんだん空が晴れてきて・・・

Img_9537

宮之浦岳の頂上が見えました。

Img_e9537001
ね、ごろんごろんの石でしょ!?! 島の固有種のヤクシマダケが道の両脇にずっと生えていました。

ヤクシマダケとは

わが国の九州、屋久島の固有種です。標高500~1900メートルにえ、草原帯を形成しています。桿は直径が2~5ミリ、高さは40~100センチになります。

Img_9540

翁岳。モアイの顔のような岩もあったな。

Img_9546

晴れてきた~~sun

Img_9550

投石平まで戻ってきた。

とにかくここは、ヤクシマシャクナゲ

このHPにとても綺麗な写真と説明が載っています。是非どうぞ♪

http://www.relaxin-yaku.com/wp/archives/9317.html

大体、3年に一度の周期で綺麗なんだそうで、今年は良かったみたいなので、次は3年後かな???

Img_9562001

Img_9556
これは絶対GOだな。

Img_9563

小休止

Img_9567

Img_9564

猿が出てきた。鹿もたくさん

Img_9570

屋久島の鹿は小型。

帰りにだんだん薄暗くなってくると、鹿が途端に多くなってきた。 人の歩く時間じゃないってことか・・・急がねばねーー

途中ロープの箇所が3か所あります。

岩だらけなので、気を付けなくちゃ、躓いたら大変!!!

集中、集中と頭の中でしゃべりながら、無事登山口に到着しました。

5時40分到着。

仲間が遅れたので、少々待って帰路に付きました。

よく歩きましたheart04

登頂大成功good

歩けて良かった、ホッと安堵で思わずため息でした。笑

では

*****

| | コメント (1)

2017年11月11日 (土)

屋久島へ 1

4泊5日で屋久島へ

目的は、

1.九州最高峰・宮之浦岳登頂。 

2.縄文杉を見ること 

3.もののけ姫の苔の森を見ること 

4.新鮮な魚を食べること

色々あれど、今回はとにかく「挑戦」。

結果はどうであれ、挑むこと。

なんだか挑戦してみたい気分になったのです♪

+++++

今回、お世話になったのは、オンジアース。 去年の秋に京都トレイル一周の旅でお世話になったオンジアース。あの時は、脚がめちゃくちゃ痛くなって体調不良。見事に惨敗。何度も棄権したり、おまけに最後は一日早く帰らせて頂いちゃいました。

あれから、コツコツ山歩きをして、さあて、リベンジなるか!!!

それも考えてもいなかった宮之浦岳。縄文杉には行きたいと思っていたけれど、まさかまさか宮之浦岳に挑戦することになるとは!!! 

事の成り行きに自分でもびっくりhappy02

fish fuji fish fuji fish fuji fish fuji

今回は目的達成に集中。なので、宮之浦岳登山と縄文杉にはスマホしか持って行きませんでした。とにかく1gでも軽く。

お菓子も他の方に差し上げるものは一切持たず、頂くばかり。

申し訳ないcoldsweats01 でも仕方ない。

部屋もわがままを言って、一人部屋にして頂きました。 ぐっすり寝て体力保持したかったから。それほど、私にとっては初めての上級の山歩きだったんです。

Securedownload

一日目は移動日

9時羽田発→鹿児島空港→鹿児島本港13時20分発→ジェットフォイル→宮之浦港(屋久島)15時10分着

↓鹿児島港からの桜島 (ガラス越しの撮影ですが)

右にたなびいているのは噴煙cloudcloudcloud

Img_9453

午後3時過ぎに屋久島到着。

旅仲間は女性5人(60代~80代)、ガイドの花嶋さん、オンジアース浅井さん。

いよいよ旅の始まり始まり~~♪

8人乗りレンタカーで、まずは島の周囲をぐるりと回っている周遊道路をドライブ。メイン道路はそれしかありませんhappy01

屋久島は…

州本土の南端、佐多岬の60Km程南にあって淡路島より少し小さい島ですが、九州一高い1936mの宮之浦岳がそびえる山の島です。海岸からそそり立つ山々は屋久杉をはじめ、さまざまな樹木におおわれており、島の90%が森林です。 (屋久杉自然館HPより)

そうなんです。思ったより、高い山が連なってます。山が深い感じです。

さあ、まずは滝を2つ見に行きました。

一つ目は千尋の滝(センピロの滝)

Img_9463001

大雨が降ると左側斜面にも全部水が流れ、超幅広の巨大な滝になるそうな・・・海を見ながら、さらに時計方向にドライブ。

次は大川の滝(オオコの滝)

Img_9470

滝100選に選ばれてます。

Img_9480001

まあまあの迫力なんだけど・・・どうも私、滝にあんまり興味が無いの。 っていうか、どれもさほど変わりないように思う。。。

ってなわけで、一応見学終了。

帰って旦那に言ったら、滝はいいじゃないか~~!!!ですって。

滝好きも沢山いそうですね。 人、皆色々だ~~

海に沈む夕陽を車から楽しみながら、今夜の宿、民宿「屋久島」へ向かいました。

この民宿「屋久島」がとってもいい宿でした。次回もぜひまた泊まりたいおススメの宿でしたよ。サービスが素晴らしい♪

Img_9801

一日目の夕食 トビウオのから揚げが超美味しかった♪ 宿のオーナーが捕ってきた「とこぶし」も柔らかい。島らっきょうも美味しい。 量もちょうどよくて大満足でした。

もちろん完食!!!

Img_9483

さあ、明日はいよいよ宮之浦岳登山の日。

明日は朝早いから寝なくっちゃーーー

4時起きで朝のご飯食べて5時出発ですrvcar

おやすみなさいsleepy

では

*****

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

帰りのバスから

屋久島楽しんで来ました。

今 帰りのバスの中。
家に着くときっとバタンキューで寝そうです♪
なので簡単に^_^

3日連続のロングコース、11時間、5時間、10時間。
よく歩いたぁーーー!
歩けて良かったぁーーー!
刺激を貰ったぁーーー!
いい山歩きだったぁーーー!

さすがに、最後の縄文杉に辿り着く手前では、頑張れー!頑張れ!の声を自分に!!!
ひーふーーーー。しんどかった〜
どうにか縄文杉に行けました。
達成感いっぱいです♪

ガイドのH先生、オンジアースのAさん、一緒に歩いて下さったお姉様方に感謝です。

今日は一枚だけ

MY LOVE❤️ TO YOU !!!

Img_1341_2

ご存知でしょうが、ウイルソン株の中から♪

では
*****

| | コメント (2)

2017年11月 6日 (月)

屋久島・宮之浦岳

Img_9568

宮之浦岳登頂大成功!

物凄い岩ばっかりの山でした。

11時間歩いてとっても疲れてるので報告のみです。
頑張ったぁー
寝まーす!

| | コメント (2)

2017年11月 3日 (金)

代官山TSUTAYAのまわり

Img_0414

代官山をそぞろ歩き♪

今では代官山と言えば、やはりTSUTAYA BOOK STOREでしょうか。

ウロウロしながら、どんな植物が植えてあるんだろう・・・と、TSUTAYAの敷地内の植え込みを楽しんできました。

Img_0383001
センリョウがずっと続いていて、綺麗。こんな風に植え込みに使えるんですね。今まで気にとまらなかっただけで見てることは見てたんでしょうか? 一つ一つぽつんぽつんと植わってあるセンリョウしか見たことがないような気がする。

いいなぁ

赤い実は目を引く。

Img_0373001

TSUTAYAには蔦がいっぱいgood 文字通り、通路の足元の両側に蔦がいっぱい。手入れがいいのか、葉がつやつや。

Img_0501002
TSUTAYAの壁の造形、大好き。

おおーっ

今 気がついた!!!

T なんだ!!!

ワタシャ、鈍いのか!!!笑

Img_0416

置いてある自転車すら違うようですわい。

Img_0374

ここにもツワブキ

Img_0355

Img_0366001
そうそうこのオキザリスが素敵で・・・名前を調べました。

Img_0480001

大きな三角の紫色の葉。

三角なので、オキザリス・トリアングラリスだそうです。

ブラジル原産。花期は4~10月。葉は日が当たると開きます。

別名:紫の舞ですって。

納得!!!

この独特の味わいを持つ葉が魅力的で、世界中で広く栽培されているそうです。

Img_0488
Img_0500

日も暮れて、ご飯ご飯、ご飯作るのよね~~と、仕方なく?家路につきました。笑

+++++

あさってから、屋久島に行ってきます。

宮之浦岳に無事登れますように!

縄文杉も見れますように!

エネルギー保存の為、明日はブログお休みします。

では 次回は屋久島から

*****

ボタラバ・ティータイムのお知らせ

お陰様で残3名  残2名です。

どうぞ宜しくお願い致します。

002

詳しくは→

http://botaniclovers1.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-6d1b.html

では

*****

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

朝倉家住宅@代官山

今日は、ボタラバ・ティータイムの会場に使うサロンの最終チェックに代官山に行ってきました。ついでに、ちょっとお散歩。

まずは、お向かいの朝倉家住宅へお邪魔してみました。

ここ、嬉しいことに60歳以上は無料なんです。

Img_0274

旧朝倉家住宅は、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏によって、大正8年に建てられました。
大正ロマンの趣のある2階建ての建物内と回遊式庭園を見学できます。

12月5日開催のボタラバ・ティータイムでは、イングリッシュガーデンのお話のあと、舘林さんと一緒にここもお散歩します。

モミジの木が100本位あるそうで紅葉が楽しみ。

Img_0279
Img_0282

色の少ないこの時期、お庭の一本の黄色いツワブキが皆の気を引いていました。

ツワブキはキク科 ツワブキ属

長い軸を持った葉っぱはフキに似ており、その表面はワックスを塗ったような光沢があるところから、「ツヤのあるフキ(蕗)→ツヤブキ」が転じて「ツワブキ」となったと言われます。また、厚みのある葉っぱから「厚い葉のフキ→アツバブキ」に由来する、と言う説もあります。

(ヤサシイエンゲイより http://www.yasashi.info/tu_00008.htm )

Img_0288001

去年の12月4日の紅葉の風景がこのTOU TUBEで見れます。

どうぞ♪

https://www.youtube.com/watch?v=tNj6sPuGBtQ

ちょっと眠いので・・・

いえいえ、かなり眠い・・・sleepy

ここのお向かいにボタラバ・ティータイムに使用するクラブヒルサイド・サロンがあります。素敵な会場なので楽しみにしています。

Club_salon_img01

あと3名参加可能です。

ご検討中の方はお急ぎ下さい。

寝ますね♪ おやすみなさい。

では

*****

| | コメント (0)

2017年10月31日 (火)

オナモミを見た♪@隠岐の島

誰でも知ってる「ひっつき虫」

幼い頃、学校に行く途中、いたるところに生えていた草の実。

むしり取っては、友達に投げつけて悪戯して遊んでた。

誰にでもあるやんちゃ心を誘い出してくたやつ。

ちゃんとした名前はオオオナモミ

これ。

Img_8643
オオオナモミは1929年に岡山県で初めて記録がされたそうです。

こやつ今では、日本生態学会によって日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されているのです。べつにこの子が悪いわけじゃないですけどね。

このオオオナモミが日本に入ってくる前は、オオ(大)が付かない「オナモミ」が一般的でした。でも、今ではほとんど見ることは出来ないそうです。

私が小さい頃遊んだのは、どっちなんでしょうね。

その超レアな「オナモミ」を隠岐の島で見ることが出来ました。

Img_8938001
ぱっと見たところ、茎の色が違うのがすぐに分かりますね。

オオオナモミの茎は赤茶色がかっていて、オナモミの茎は緑色。

次に特徴的なのは

実の棘の長さと数

Img_8643003              オオオナモミ

Img_8954001              オナモミ

オオオナモミの方が棘が長く、密集してますね。一見、たわしを連想しちゃいます。

片方、オナモミは密度が少なく、棘の長さもそれほどではない。 こやつは、見た途端、あれです、あれ! ピーナツが中に入ってて、あずき色をしているお菓子。

分かるかな~~? あれよ、ねっ そうそう あれ happy01

Img_8939_3

オナモミの色々なページを見ていたら、1960年から西日本では見られないと書いてありました。貴重品だ!!!

面白いことも書いてありました。

オナモミは生物時計が精密で、8時間30分の暗黒時間を経てつぼみをつける性質があるが、8時間15分ではつぼみをつけない。

へー 凄いな!!!

オナモミはアジア大陸原産で、日本にはかなり古くに侵入した史前帰化植物と考えられている。ただし、現在ではオナモミを見ることは少なくなっている。多くの地域では近縁種のオオオナモミ X. canadenseイガオナモミ X. italicumなどの新しい帰化種に取って代わられているからである。

また、それら種の繁殖にも波があるようで、オナモミ類全体をさほど見かけない地域もあるようである。帰化植物には侵入して大繁殖しても、次第に廃れたり、種が入れ替わったりといった移ろいが見られるのが、その一つの例である 

ウイキペディアより

Img_8957
珍しく 両者が一緒に並んでました。

P1270929                photo by Chiaki

違いが明らかですね。

いかにも上のオオオナモミが強そうだぁ。

+++++

ボタラバ・ティータイムのお知らせ

お陰様で、残4名です。

どうぞ宜しくお願い致します。

002

詳しくは→

http://botaniclovers1.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-6d1b.html

では

*****

| | コメント (0)

«山ぶどうジュース 完成